正しいシャンプーのやり方

今日は皆様が毎日しているであろう
シャンプーのやり方について(^^)

長文になりますので
頑張って読んでください♪

1、お湯でしっかり流す
髪を適度にぬらすだけではダメです。
髪や頭皮表面の汚れをしっかり流して落としましょう。
シャンプーの泡立ちが悪くなる原因にもなります。

2、シャンプーをつける
シャンプーは髪の表面につけて、しっかりと泡立ててください。
直接地肌にシャンプーをつけて洗うのはダメ!
泡立つのは髪の毛なので、髪の表面につけて、
しっかり泡立てて洗いましょう。

3、洗う
指の腹を使って洗いましょう。
ツメをたてて洗ったり、力を入れてゴシゴシ洗うと
頭皮を傷つける原因になりますよ☆
泡を使って優しく洗うのがオススメ(^^)

4、シャンプーを流す
よくあるのが洗うのにしっかり時間をかけて
流すのはサッと終わっちゃう。
これダメ!
しっかり流してあげないと、
せっかくシャンプーで浮かせた皮脂や汚れが残ります。
シャンプー自体が残ることもあります。
そうすると、かゆみ等の頭皮トラブルの原因に!
※後頭部付近は流し残しが多くなりやすいので注意です。

5、トリートメント
トリートメントを頭皮から付けるのはNG!
トリートメントは髪のダメージをケアするもの。
直接頭皮についてしまうと、
髪の根元や頭皮がべたつき、ボリュームがなくなりますよ。
トリートメントはダメージをしやすい毛先から中間につけましょう。
※頭皮用のトリートメントは例外です。
頭皮を保湿するものだったりするので、頭皮についても問題ないです。

以上の5項目
頭皮トラブルなどを生まないためにも
正しいシャンプーオススメします(^o^)/

本店店長 岩松潤

コメントをどうぞ