市販のカラー剤での皮膚トラブルがニュースになってた件


最近、市販のカラー剤での皮膚トラブルがニュースになってましたね。

そのニュースを見て、ちょっとカラーが恐く感じる方もいるかとは思います。

カラーはカラーでも
市販のカラーと美容室のカラー
成分的には同じところもありますが、
圧倒的に違うのは薬のパワーです。

市販のカラー剤は、
誰でも簡単に染められるように
強い薬を使っています。
薬を弱くして染まらないとなれば、
染まらないということでクレームにつながりますからね。
そしてその強いカラー剤が地肌や髪に着くとそれは
ダメージしたり、刺激につながりますよね。
色のムラもでるしね。

でも魅力的なのは、安いし、お家でできるし。
ですので、もし自分でカラーやっちゃうという方は
なるべく地肌につけないでください。
なるべく根元の伸びた部分だけにして、毛先は塗らない。
放置時間は30分まで。それ以上置いても薬の効果はありません。
痛むだけ。

こんなことを言ってますが、
市販のカラー剤を使ってカラーをするのはオススメしません!!

美容室でのカラーは圧倒的に処方が違います!!
ダリではまず、
カラーのお薬を選んでもらいます!
通常のカラー剤orオーガニックのカラー剤
優しいものを求めてる方にはオーガニックですね♪

次に塗り方も
地肌につかないように塗る事もできるし、
キッチリ根元から染めたい方は地肌からしっかり塗らさせていただきます。

次に薬の強さも
毛先にいけばいくほどパワーの少ないお薬を使用。
なるべくダメージしないように施術します。

頭皮に保護オイルを塗って、
皮膜を張ることによって、
頭皮を守ることもできます(^^)

カラーという言葉は同じでも、
市販と美容室では大きく違いがありますので、
何でもご相談ください(^^)

オススメは美容室でのカラー!!!
間違いない!!!

コメントをどうぞ